電話をかける

問合せ

ブログを読む

トップへ戻る

髙橋建築

ブログ

材料値上げ
今日は構造材が寝上がるとの連絡が来ました。何とか押さえたいので契約済の物件だけでも対応してくれと要望を出しました。 ここのところの物価の変動は厳しいですね。 コンクリートも最近数回の値上げがありました。 木材も上がってますしキッチンなどの設備も値上がりしています。 当社でも吸収しきれず少しづつ値上げせざる終えない状況です。 当社は良い住まいをより安くと心がけているのでもともとギリギリの見積もりです。余裕をほとんど見ていません。ですのでこのような資材の値上がりは、お客様に負担していただくしか無いのです。 こころぐるしいかぎりですがご理解よろしくお願いいたします。
着工まで少々お待ちいただきます。(2年待ちから短縮中 秩父地域優先)

先日の見学会も たくさんのお客さまに来ていただきました。ありがとうございます。

一般的な工務店は毎月見学会を行ったり大きなところだと常設の展示場を持っています。

当社の場合はお客さまに待っていただいている状態ですので 頻繁に見学会を行う必要がありません。
そこでかなりの経費が節約されます。その分お客さまの家にお金をかけることができます。

常設の展示場もありません。展示場を持つと言うことは展示場の建設費、維持費に加え,そこにいる人の人件費もかかります。
展示する場所によっても違いますが1棟あたり月に数百万円かかる場合もあるようです。その費用もお客さまの建設費から出ていると思うといやになって気AMすね。

コマーシャルもそうです。ラジオで30秒流すだけで10万以上のお金がかかるそうです。雑誌もそうですね。[注文住宅]などの雑誌は、季節ごとの発刊ですが1年で300万円以上かかるのですよ。雑誌は皆広告です。良い家だから取り上げられているわけではありません。(笑)

おかげさまで当社は、広告費をほとんどかけていません。その分家にお金がかけられますし、我々も無駄な労力を営業に使わずにすむわけです。
こちらも楽ですし、お客さまも大事な資金がほとんど建築に使われ良い家になるわけですから本当にお得です。

「でもたまに髙橋建築も見学会をするじゃ無いか?」と思われるかもしれません。
それは、まだまだ当社の知名度が低く当社のことを全く知らずに家づくりをしてしまう人が多いから行っているのです。
少しでも当社の建物のことを知っていただいて勉強して他社で建てるならいいのですが、何も知らずにレベルの低い家を作って後悔してしまう人が多いのです。
住宅会社の営業さんは「当社の家はとてもいいですよ」「他と比べても遜色ないですよ」など適当なことを言います。できたての家はクロスなど綺麗に貼られていてすてきな家具でも入っていれば見た目でだまされてしまいますね。
でも実際の建物の内容は見えないところで大きく違います。
それを解らず契約してしまう人が多いのです。
今回の見学会で来てくださったお客さまにも言われました。
「もっと早く髙橋建築を知りたかった。」その方はすでにほかの住宅会社と建築契約を結んでしまったそうなのです。
値段を聞いたら当社の方が安く作れそうでした。それは言いませんでしたけど。
性能は比べるまでも無いくらい全く違います。あまり言うと余計がっかりするので黙っていました。
このようなことな今まで何度もありました。
本来ならもっと頻繁に見学会や広告、インターネットなどでPRして、このようにお客さまに後悔させないようにしなくてはならないのですが、経費の問題もありますし、工事を請け負っても間に合いません。

今のペースでしか見学会を行わなくても2年待ちの状態です。
今回の見学会でも、すぐにでも予約したいという人もおりましたし、予約に向けて話を聞きたい方も大勢いらっしゃいました。
本当にありがたいことです。

2年待ちと聞くととても尻込みをしてしまう人がいます。
でもよく考えてください。
何十年も住む家を作るのにわずか2年です。
その2年でその後の住み心地や莫大な光熱費やメンテナンスの費用が決まってしまうのです。
(2024年1月 現在は遠方をできるだけお断りして秩父地域優先にしていますので、もう少し短縮されています。 お声がけください。)

着工までが2年待ちということはどういうことなのでしょうか?
普通の家でも間取りを作るのに半年くらいはかかると思います。良い家を作りたいのならもっとかけても良いと思います。
間取りが決まってきちんと構造計算や温熱計算を行い図面や申請書を作ると3ヶ月くらいはかかります。
ですから普通に建てようと思っても1年くらいは着工までかかるのが普通です。
2年待ちというのは普通より1年多く待つと考えていただければ決して長い待ち時間では無いと思うのですがいかがでしょうか?
実際にはわずか1年の差なのです。

お客さんが少ないために仕事をあまり持っていなくて3回位しか合わなくて契約を迫る住宅会社もあると思いますが、家づくりにそれだけの打ち合わせでそれだけしか時間をかけなくて大丈夫ですか?
家を建てようと思ってから時間をかけていろいろな情報を集めて建物を見比べて納得の上で建てた方が良くは無いですか?

最近 思いついたように家を作る人がいます。それでは満足できる家を作るのは難しいです。
当社では今ある当社の技術をつぎ込んでそのときそのとき精一杯の家を作っています。
お客さんもそうでしょうが 当社もそうなのです。悔いを残したくないのです。

当社の見学会に来られた方はご存じでしょうが、当社の見学会は今まで当社で建ててくださったホームオーナーさんが半分を占めます。
髙橋建築がどのように進化しているか見るのが楽しみだといってくださいます。
その方たちの家はその当時の最高の技術で建てられていますがさすがに今の建物からは見劣りします。
ですが、皆とても満足してくださっているので見に来てくださるのだと思います。
今回の見学会で来てくださった人も「10年以上前に立てたのにまだ周りの新築より暖かい家で驚いている」といってくださってとても満足そうでした。
18年前にたてた人も「周りがようやく追いついてきた」といってくださいました。
「髙橋建築さんで建てなかったらと思うとぞっとする」「うちと同じくらいの時建てた友達の家はとても寒いし,とても痛んでいる」と情報もいただいたりします。

当社の建物が本当に何もかも優れているわけでは無いと思います。他の住宅会社もがんばっていますから良いところはたくさんあると思います。
そういうところをじっくり見比べていただいて 当社で建てる方がいいのか、普通より1年余分に待つ価値があるのか判断していただければ良いと思います。

焦って契約させられ後悔しないようにしてください。一生すむことになるのですから。

小屋裏エアコン+天井冷輻射

今年の夏はとても暑いですね。日中暑いばかりでは無く、とても寝苦しい夜が続きます。
窓開けして風をうまく取り入れても全く涼しくありません。
そういうときには我慢せずエアコンを使いましょう。

エアコンを使うといってもいろいろ考えさせられます。

まず,エアコンの台数。
暖房時に使う石油ファンヒーターなどはお求めやすいですが、エアコンは設置費まで含めると数万円。10万円を超えることもあります。
効率の良い機種などは10万円以上しますね。14畳用などで一番良い機種は低下が46万円とかしますから驚きです。
リビングに1台、1階の和室に1台 寝室に1台 子供室が二つあると2台
普通は各部屋に1台づつ付けますから合計5台におなってしまうこともあります。
エアコンは機械ですから寿命が平均10年とするとなんと2年に1度は高額な出費となってしまいます。
何とか数を減らしたいですね。

効率の問題
当たり前ですが安い機種は効率があまり高くありません。でも効率の良い機種を数多く付けることは経済的にも大変です。
高断熱の住宅だと小さな機種でも十分冷暖房が効きますから大きな機種を買う必要がありません。経済的です。その分、効率の良い機種にしてみたら良いと思います。当社のパッシブハウスクラスの家ですと40坪くらいの家でしたら6畳用のエアコン1台でお家全体を暖房することも可能です。

除湿の問題
建物の性能が高くなると夏の暑い日でもエアコンが強く動かなくても温度を下げることができます。ですがそこで問題が生じます。
エアコンが強く動かないので除湿が促進されないのです。温度が低くても湿度が高いというちょっと快適では無い空気ができてしまいます。
効率よく除湿をさせる工夫が必要です。

見え方
最近は壁掛け型の普通のエアコンでは無く 天井に埋め込んだり 天井裏に隠して各部屋にダクトで空気を送るタイプのエアコンもあります。
隠すタイプは見た目がとても綺麗ですが、値段は高いです。やはり一般的にたくさん売れる壁に掛けるタイプのエアコンが安いですし,競争も激しいので効率もとても良いです。

付ける場所
エアコンの風が直接当たる方が気持ち良いという方もいますが一般的には直接風が当たらない方が快適です。高断熱の住宅ですと熱野に我が少ないですから小さなエアコンがどこかに付いていれば良く、風が遠くまで飛ぶなどの配慮はあまり関係ありません。見た目良く付けやすく,メンテナンスしやすいところに付ければ良いですね。

いろいろなことを考えながら エアコンの使い方を工夫しています。

最近の事例をご紹介します。
当社では最近、屋根裏にエアコンを付けています。
取付方は普通に付けているだけです。
天井裏を冷やして天井の一番先から涼しい空気をカーテンのようにおとします。

青いところが冷たいところです。
とても快適な空間となります。
天井面も青ですね。
夜寝るときなどエアコンかけて空気を冷たくしても普通は天井が暑くてなんか寝苦しい感じがすることは無いですか?
この方法なら天井が涼しいのでとても気持ち良いです。
天井面が冷輻射面となっています。

さらに小屋裏の小さな空間でエアコンが動くため除湿もキチンとされます
完成見学会の測定では外気温が35度位にもかかわらず1階2階とも26~27度で45%~50%ととても快適な温湿度となっていました。
本当に快適で 100名以上のお客さまが皆さん驚いておりました。

冷暖房器具のメーカーさんや設計事務所さんなども大勢来て下り この変わった仕組みを見て本当に驚いておりました。

実際にはとてもローテクなのですがなるほどというアイディアです。ローテクだからこそ将来のメンテナンスでも安心ですね。

小屋裏でリモコン効くのかとご心配の方もいらっしゃるかもしれません。安心ください。WIFI使ってHEMSで自動運転です。(笑)
制御の一例です

完成見学会+ミニお客さま感謝祭

今日は地元の秩父市郡小鹿野町下小鹿野でパッシブハウスレベルの完成見学会です。

久しぶりの当社の近くでの見学会ですので 近隣のお客さまに楽しんでいただけるように ミニ感謝祭を行います。

準備が始まっています。

暑いので かき氷 飲み物などたくさん様有為しておきますね。

フライドポテト フランクフルト等もありますよ。

皆さんぜひお気軽に遊びにいらしてください。

 

HEMSでエアコンの制御 気持ち良い木陰のような快適性

パッシブハウスレベルの住まいの夏をご心配の方は多いですね。

実際にはどうなのでしょう?

今回の現場見学会の住宅は小屋裏エアコンで家全体を涼しくする仕組みです。

高断熱のの家にエアコンを付ければもちろんエアコンの効きはいいのですぐ涼しくなります。

ですが湿度はなかなか取れていきません。断熱性が高いのでエアコンがフルパワーで動くことが少なくて除湿がうまく働かないのです。

その弱点を克服すべく当社オリジナルの 小屋裏エアコンの方法を考えました。

その方法を使うと 外気温が37度を越えた今日も室内が27度で湿度50%位のとても気持ち良い空気が建物全体に行き渡ります。

家の隅々まで快適空間です。

特別な機器は使っていません。ふつうの壁掛けエアコンと小さめの換気扇 それとHEMSです。

HEMSで条件を設定し自動で制御しています。

煩わしい運転のノウハウもいりません。

パナソニックさんの協力を得ていろいろお手伝いいただいてます。

小屋裏エアコンを数年試してきておりましたが ここ数年でかなりレベルが上がってきました。

今日、業者さん向けに公開しましたが、この仕組みにはとても感心していました。

実はここにかけないスペシャルなノウハウがあるのですけどね。

特許取得に絡む最先端のノウハウなのでブログには書きません。(笑)

ここまででご勘弁を。

 

Posted by 管理者