電話をかける

問合せ

ブログを読む

トップへ戻る

髙橋建築

BLOG  カテゴリー:太陽光発電

太陽光発電,日記・想い

先日、太陽光発電設備の住宅設置のセミナーを行ってきました。

場所はなんと鳥取県

住宅性能ではトップの政策を打つ 最先端な自治体です。

他の県や国などでも影響をものすごく受けています。鳥取県をまねして良い方向に向かい始めています。

今回 国で断熱基準が変わりますね。 等級6,等級7が出るようです。それもすでに鳥取県は進めていました。

すごい自治体です。

そんな最先端の省エネ政策を打つ鳥取県から 次の省エネ政策のためのセミナーとして「太陽光発電設備の住宅設備の設置」のセミナーを行ってくれと依頼がありました。

断熱技術に関してのセミナーはやってきましたが、太陽光発電に関しては初めてでした。
20年以上 自社で工事をし 数多く 様々な経験を積み重ねてきたことが評価されたようです。

日照が少ない鳥取県でいかに発電量を高めるか。
自家消費とうまく組み合わせていくか。

そういう話と組み合わせながらの技術に則したセミナーにしました。

セミナーで県外に呼ばれたときには、ついでの旅行も楽しみです。
鳥取県の伝統建築物群保存地区 若桜 倉吉 大山を訪問しました。

充実した3日間でした。

太陽光発電,建築費・光熱費,耐震・構造

太陽光発電は省エネに貢献します。
環境にもとても良いですね。
家計にもプラスです。

新築ならできるだけ付けたい設備です。

ですが太陽光パネルを付けるにも注意が必要です。

雨漏り、屋根の耐久性、そして構造の安全です。

今回は太陽光パネルと構造の安全性について解説します。

ほとんどの工務店が計算していない

みなさん信じられますか?
これは事実なのです。
ほとんどの工務店が太陽光パネルの重さを考えずに家づくりをしています。
怖いですね。
「太陽光パネルの重さを何キログラムで計算してますか?」と質問してみましょう。
すぐに答えられなかったらアウトですね。(笑)
していればすぐに答えられます。忘れたとか思い出せないとか言うレベルの問題では無いからです。知らないから答えられないと考えて良いですね。

地震力は重さで決まる。

建物を揺らす力は重さで決まります。重い建物ほど大きな力がかかるのです。
その力に耐える壁をつくり大きく揺れないようにしなくてはなりません。

重い建物ほど強い壁をたくさんつくる必要があるのです

重ければ強い壁をたくさんつくれば、強い建物となります。瓦の建物が弱いという人がいますが、重い建物なりに強くすれば良いだけです。

ですが太陽光発電を設置したのにその重さの分、家を強くしない住宅会社がほとんどです。

太陽光パネルの重量を加えて計算する

それではどうすれば良いのでしょうか?
構造の計算をする時にきちんと太陽光パネルの重量を含めて計算すれば良いのです。
太陽光パネルは意外に重たいです。1平方メートル当たり20kgぐらいあります。屋根が50平方メートルあると 50*20=1000 約1トンですね。

この重さが屋根に乗り地震の時に揺すられるわけですからとても怖いですね。

片側に重さが集中する

普通の形の屋根だと太陽光パネルは南の屋根に乗りますね。北側の屋根には乗りません。

南側だけ重くなり北側は軽いままです。

地震が来た時には南側にかかる揺れる力が大きくなります。
この揺れる力を止める強い壁が必要ですね。

普通のおうちは明るい光を入れるために南側に大きな窓を付けますから、南側の強い壁は少なくなります。
南側の方が北側に比べて弱いことが普通です。

重い力がかかりやすい方が弱いと言うことになります。
そのままでは壊れやすいですね。

ですから、重さのバランスと力のバランスをきちんと計算して安全にしなくてはいけません。

一般の住宅会社ではそのような計算もしないで太陽光発電を付けてしまっているのです。怖いですね。
「今まで壊れたことが無いから。」などと根拠の無いことを言います。
計算しないとその怖さが解らないのです。

みなさん太陽光発電を設置する時にはきちんと計算してもらいましょうね。

わかりやすい動画が公開されていますのでご覧ください。
私が勉強させていただいた構造塾の佐藤先生です。


https://www.youtube.com/watch?v=U7uzgPJIZ_Y

お知らせ,太陽光発電,建築費・光熱費

2020年の太陽光発電の売電価格が発表されました。

21円/kWhです。ずいぶん安くなってきましたが、太陽光発電のシステム価格も安くなってきていますので、元はとれますし何より環境貢献できますから、積極的に導入したいですね。

現在の設置費用は5kWのシステムで100万円から115万円くらいでしょうか?

ずいぶん安くなって来ましたので十分元はとれますね。

太陽光発電はできるだけ低価格で設置することが肝心です。

そして取り付け方法も良く検討しましょう。できるだけ屋根に負担をかけず長期間に渡り雨漏りの起こりにくい設置方法にしてください。雨漏りを起こしてしまうと修理費が大変です。

雨漏りのしにくい設置方法は、屋根材の検討が重要です。屋根材によっては屋根に穴を開けないと取り付け出来ないものもあります。防水処置はしますがその方法だと、いずれは雨漏りをしてしまう可能性が大きいですね

太陽光発電のメーカー選びも重要です。同じ5kWの太陽光発電システムでもメーカーによって実発電量に大きく差が出ます。良く調べて選びましょう。

実発電量が多いメーカーはネットなどでも調べられますので信頼できるところで調べてみてください。

太陽光発電,建築費・光熱費

太陽光発電を早めに設置したかたは、10年の固定買い取り制度が終了してしまいます。

そのときにご契約した人は 48円/kWhで買い取ってもらっていたので、当社で安く太陽光発電設備を購入されたかたは余裕で元を取っていますね。
この後は電力会社は8円くらいでの買い取りとなってしまいそうです。ずいぶん安くなりますね。

だから、「元を取ったから、もう売れなくてもいいや。」「蓄電池を付けて無駄の無いようにしよう。」と考えるかたも多いと思います。

蓄電池の売り込みで「安くなるから,蓄電池付けないと損ですよ。蓄電池を付ける費用はかかりますけど元は取れますよ。」など,売り込まれてしまったかたも多いようです。当社にご相談くださいね。
いままでの例ですと、訪問販売の蓄電池より当社の方が2割くらい安いですよ。数十万円はお得です。

でも蓄電池を付ける必要があるのでしょうか?
災害に備えてというなら意味がありそうですが、災害がそんなに来るのか?長期間にわたるのかが問題ですね。電気の復旧は早いですから 数時間、数日間のために100万円以上の投資をするのに意味があるのかと思ってしまいます。

蓄電池は使っていれば痛みますから、非常時が来る前に痛んでしまうこともありそうです。蓄電池の技術は急速に進んでいますから、もっと安くて長持ちするようになってから考えた方が良いような気がします。

でも、太陽光発電で作った電気が安くしか売れないから 蓄電池にためて自分の家で使った方が得ではないかというかたもいらっしゃるでしょう。

そんな必要はなさそうです。良い方法があるのです。

これは少し前に関西電力が発表した資料です。
なんと、蓄電池を持っていなくても,仮想的に電力会社に蓄電することができるのです。
日中余った電気を,ひとまず電力会社に預かってもらい、夜間に利用する。
その様なことができるようになります。
「貯めトクサービス」
という名前のようです。
九州電力も同じような仕組みを発表しましたから、東京電力も追従しそうですね。
電力会社は日中電気が足りずに夜は余る傾向にありますから、太陽光発電はちょうど良いのです。

訪問販売の説明を鵜呑みにしてしまって 慌てて蓄電池を買ってしまったかたは とても残念ですね。


お知らせ,太陽光発電

太陽光発電システムの火災が多発していることで、注意喚起です。

もちろん、当社で設置したものは ここで注意されているシステムとは違うものです。ご安心ください。
工事する立場から、今回指摘を受けているものは安全性が低いと認識していて当社では絶対に採用してはならないと思っておりました。
見た目や、価格を重視しすぎた ハウスメーカーで採用していたものが多いようですね。
当社では 1件も火災が起こっていないとされる5ページの施工方法です。
さらに雨漏りを起こさないように昔から工夫もしています。そこことについては後ほどのブログで。
国土交通省からのお触れをご紹介します。

【1】「住宅用太陽光発電システムの火災事故等のリスク低減対策について」
チラシの配布について【提供:国土交通省】

住宅・建設関係団体 ご担当者様
 平素より住宅行政の推進にご協力をいただき、誠に有難うございます。平成31 年1月、
消費者安全調査委員会より、「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」につい
て調査報告書が公表され、消費者庁・経済産業省宛てに、消費者安全法第33 条の規定に基
づく意見が出されました。

【主な意見】
・経済産業省は、住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等の再発防止のた
め、国土交通省の協力を得て、応急点検等の実施、モジュールの発火に対する対策、
ケーブルの発火に対する対策等を製造業者が必要に応じて住宅・建築業者の協力を得
つつ実施するよう促すべきである。
・消費者庁は、消費者被害の発生又は拡大の防止を図るために、調査報告書を参考にし
て、住宅用太陽光発電システムに係る情報について、消費者に分かりやすく提供すべ
きである。

これらの意見を踏まえ、一般社団法人住宅生産団体連合会において、国土交通省、消費
者庁及び経済産業省の協力のもと、一般社団法人日本電気工業会、太陽光発電協会と連携
し、所有者向けに、既に設置されている太陽光発電システムが応急点検の対象となるか否
かの確認方法やお問い合わせ窓口等を紹介したチラシを別添のとおり作成いたしました。
つきましては、貴団体傘下事業者等から住宅用太陽光発電システムを既に設置されてい
る方へ、当該チラシを活用し、積極的に周知していただきますよう、よろしくお願いしま
す。

お知らせ,太陽光発電

太陽光発電の発火による火災事故が数多く報告されています。 当社では、まだ世の中に太陽光発電がほとんどない時期から太陽光発電工事をしており最初の施工からおよそ20年となります。秩父では一番古いのではないかと思います。 これまで付けてきた数も数百にもなるかと思います。 当社は、技術を売りにした工務店ですので、太陽光の設置に関しては数多くのライセンスを持ち勉強を重ねて参りました。 当初より、今回事故を起こしているタイプは安全性などの面について疑問を持っておりましたので 当社では採用しておりませんのでご安心ください。

太陽光発電

九州電力で出力制御があったり FIT(固定買い取り制度)後のことなど 太陽光発電 蓄電池について マスコミでおもしろおかしくネガティブな情報を流しているので 皆さんに正確な世界の情報をお伝えしたくて 数年前のデンマークの情報をお伝えします。 これを見るとヨーロッパの電力の進化の報道に日本のマスコミは情報源としては役に立っていないことが解ると思います。

 

将来はこんな感じです。数年前の投稿ですがヨーロッパではずでにこのようになっています。というかなりつつあります。電気も蓄電池と太陽光のある家庭では使い放題プランなども出ています。たとえば自分の電気自動車でスーパーに買い物に行きそこで充電したとしてもあたかも自分の家の太陽光発電で作った電気で充電したというようなことになります。
電気の出し入れを需要供給に合わせてコントロールして電気代が安いときには自宅の蓄電池に貯めて、電気の需要が多く電気代が高くなった時に蓄電池から放出し売ってもうける。ということが可能となり、家庭用の蓄電池太陽光に大きな期待が寄せられています。
電気の需給バランスに応じて発電量をコントロールするには、原子力発電、水力発電は全く向きませんし、火力発電なども時間がかかります。
もちろん,太陽光発電や風力発電も全くだめですが、家庭用の太陽光発電の場合蓄電池との組み合わせで一番コントロールができます。
そのため ヨーロッパでは家庭用太陽光発電や蓄電池の組み合わせに大きな期待が寄せられているのです。
日本では、情報不足で皆さん何も知らされていません。
マスコミも中途半端な情報で危機感をあおったり、おもしろおかしく伝えることがメインなので全く役に立ちません。
先日も、その手の情報に詳しい人がコメンテーターとして出演していましたが話を切り取られ全く違う内容で伝えられていました。
恐ろしい国です。
もしかすると、東京電力などの既得権益を守るため 日本ではあまり進んでいかないかもしれませんが 、環境問題をクリアにするためには、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを増やして行くにはこの技術が必要です。
皆でがんばらないと 世界でとても遅れた国となってしまいます。
もちろん 中国や韓国でもこの技術を積極的に取り入れる方向で進んでいます。
日本国民だけだまされています。(笑)

太陽光発電

2018年の買い取り価格が決まりました。

10kW未満は予定通り26円/kWh

10kW以上はだいぶ下がって18円+消費税です。

 

一番驚いたのは賦課金が2.9円/kWhになったこと。

賦課金とはこの買い取り制度を維持するために発電車に払うお金をみんなで公平に負担しようというお金です。

 

500kWh使うお家なら 一月に1450円払うと言うことです。

1年だと17400円 すごい金額ですね。

でも再生可能エネルギーのために国内でお金が循環することは良いことかもしれません。

石油やガスだと アラブの国やロシアにお金をあげている様な物ですからね。

お知らせ,太陽光発電

太陽光の買い取り価格がまた下がりそうです。

まだ現時点での予測の価格です。

2018年度の区分ごとの売電価格は、

【全量売電(10kW以上 2,000kW未満】

18円+税

【余剰売電】※こちらは昨年度の決定内容です。

・出力制御対応機器設置義務なし →26円

・出力制御対応機器設置義務あり →28円

となります。

あくまで現時点で「調達価格等算定委員会」で決定された内容であり、

今後、パブコメを募集した後、産業大臣の許可を受けて正式に決定となります。

太陽光発電,建築費・光熱費

住宅用の太陽光発電が増えてきて当たり前になってきました。

私がこの事業を始めたのは2000年くらいでしたからもう15年以上前になります。

その頃は周りを見ても誰もやっていませんでした。

太陽光発電がのっていたのは当社の建物ぐらいでした。

シャープさんのパネルがほとんどで、6kW位の物が多かったです。

 

当時は東電から買うときの電気の値段と こちらから売るときの電気の値段が同じという設定でした。

ですから オール電化契約ですと 夜間が9円 昼間が35円くらいでしたので

太陽光発電の余った電気は35円くらいで売ることができました。

 

数年たつとFITという制度ができ 10kW未満の設備は10年間

10kW以上の設備が20年間 変わらない値段で買ってもらえると言うことになりました。

制度が始まる以前から設置されていた太陽光発電は48円で10年間買ってもらえることになったのです。

 

それから買い取り金額は徐々に安くなり40円くらいになり35円くらいになり30円になり

今年は26円 来年は24円になることになっています。

ずいぶん安くなってきました。

もちろん設置費用も安くなっていますので十分元は取れます。

 

当社はあり得ないほど安く提供していますので値段を公表できませんが

仮に10kWのシステムが230万円だとして考えてみましょう。

10kWのシステムだと 秩父で1年間にだいたい1100kWh位はつでんします。

ソーラーフロンティア、パナソニックなどは多めで 中国製は少なめと言うことが多いです。

 

安くなって24円で売るとしたら 264000円/年ですね。

8.7年でもとがとれます。

10年間で34万円ほど利息が付くのと同じですね。

当社で買えばもっとメリットあります(笑)もっと発電する可能性も高いです。

 

しかも その間 CO2を排出しない電気を作り環境貢献もできますし

万が一の停電時にも日中電気が使えるという保険にもなります。

もちろん10年後も電気はうれると思いますのでそこからは本当に儲けの部分ですね。

そう考えると 新築時に太陽光発電を乗せると言うことは本当にお得な選択なのです。