電話をかける

問合せ

ブログを読む

トップへ戻る

髙橋建築

ブログ

LCCMの落とし穴 
LCCMは必要なのでしょうか? 最近 LCCM住宅が性能の高い最高の住宅と宣伝している建築会社がありますね。 当社もLCCMを勧めていますが LCCMにすることが目標ではありません。 良い家を作った上でLCCMにするというのが基本で まずは良い性能の家を作ると言うことが重要です。 LCCMになっていればすごい家というわけでは無いので皆さん勘違いしないでください。 再生可能エネルギーを設置すると自分の家で消費するエネルギーをまかなうことができます。 これがZEHです。 このエネルギーは建物に使うエネルギーのみなので 暖房エネルギー 冷房エネルギー 換気エネルギー 給湯エネルギー 照明エネルギー です。 それらの消費量より 太陽光発電などの発電量が多ければZEHですね。 ZEHをクリアーするには少々断熱基準をよくする必要もあります。 次に テレビや料理、洗濯など通常消費されるエネルギーまで含めて 太陽光発電でまかなえれば REAL ZEH等と言うこともあります。 さらに上位の概念として 建築をする時や 建物を解体するときまで含めたエネルギーまで 太陽光発電でまかなえれば LCCMです。 これはすごいことですね。 しかし、この基準は エネルギーのことだけしか考慮していません。 当社のLCCM住宅でシミュレーションしてみました。 当社の住宅はUA=0.26ですので 一次消費エネルギーはこんな感じです。 暖房エネルギーが15528kWh 合計の設計一次エネルギーが50416kWhとかなりの省エネです。太陽光発電は8.88kW乗せていてもちろんZEH LCCMともクリアーになります。当社の性能ですから当たり前ですね。(笑) この住宅が 多くの建築会社が目指している28年基準の省エネ性能だとすると一次エネルギーはこんな感じです。太陽光発電はそのままです。 暖房エネルギーは倍以上の35631kWh 設計一次エネルギーは66621kWhです。 断熱が悪いのでZEH基準にはなりませんがエネルギーだけですとZEHクリアーですね。LCCMももちろんだめです。 それではこのあまり良くない性能の住宅に後2kW位の太陽光を追加したらどうでしょうか? 勿論住宅の性能を良くした訳では無く太陽光発電を付け足しただけですから エネルギーは変わりません。 寒い家で暖房エネルギーも使います。 し・か・し!! LCCM]を計算してみると LCCM適合です。 わずか2kWの太陽光発電を足しただけで。(笑) ベースは省エネ基準ぎりぎりのレベルの低い住宅。 私が計算したところ 現在建てられている住宅でしたら 10kWの太陽光発電を乗せれば だいたい楽にLCCMとなります。 長期優良住宅の耐久性が必要ですが。。。。 長期優良住宅の認定も取らずにLCCMといっている会社があるならとても怪しいですね。 前に説明したように LCCMには住宅の断熱性能などは全く関係ないことが解ります。 太陽光発電さえたくさん乗せれば良いという規格なのです。 LCCMだからすごい住宅と宣伝していたら きちんとUA値や C値を確認しましょう 太陽光発電は後でも乗せられますが UA値やC値は後で改善することはとても難しいです。 ですから住宅づくりでまず大事なのが 直せない躯体の性能を良くしておくことなのです。太陽光発電の量ではありません LCCMかどうか以前に 躯体の性能を良くすることが必要なのです。 それではどのくらいのUA値にする必要があるのでしょうか? 私の経験では HEAT20の推奨するG2レベル以上が最低レベルです。 このレベルにすると輻射面温度も安定して体感温度が違います。そのほかにも理由がありますがここでは割愛します。 その性能をきちんと担保するには c=0.5c㎡/㎡以下の性能が必要でしょう 太陽光発電で光熱費が安くても住み心地の悪い家ではだめですね。(笑) 皆さん 家づくりは まず「躯体の性能向上」 これを心がけてくださいね。
国際パッシブハウスデーに参加します。たんじゅん野菜プレゼント

今年も国際パッシブハウスデーに参加します。

国際パッシブハウスデーとは世界各国のパッシブハウスのオーナが 一般の方に同時にパッシブハウスを公開するイベントです。

https://passivehouse-international.org/index.php?page_id=262

秩父パッシブハウスも 参加いたします。

パッシブハウス地図

今回参加するパッシブハウスが地図上でクリックするとみられます。すてきなお家がたくさんありますね。

秩父もとても寒くなりました。

数日前から霜が降り始めましたね。

パッシブハウスの性能はどんな感じか見てみましょう。

秩父パッシブ1101

昨日、11月1日の 屋外とリビングの気温です。

外の温度が 朝方 3.2℃まで下がったのが解ります。
とても寒いですね。

一方 家の中はというと 22℃

どうでしょうか?
とても暖かいですね。

しかも びっくりすることに 無暖房です。
ファンヒーターも ストーブも 炬燵さえもありません。
エアコンは付いてますが電源は入っていなく もちろん動かしておりません。

これがパッシブハウスの性能なのです。

そのあと少し温度が下がっているのは洗濯物を干しに窓を開けていたとのこと
お日様が出てくると23度位まで上がっていますね。

多くの工務店やハウスメーカーが【当社の家は暖かい家です】と言いますが
パッシブハウスが異次元だと言うことに気がつくと思います。

エアコンや 床暖房を使って 20度以上をキープするなんて言うことはとても簡単なのです。(笑)

この異次元の性能の住宅の公開となります。
11/10(土)11/11(日)の公開です。

10日土曜日は 高橋佳子とパッシブハウスのオーナーの髙橋謙治がご説明させて頂きます。
オーナーからの本当の住み心地はどうか聞ける貴重な機会です。

11日(日)は私もおりますが現在打ち合わせ中の方とのお話をメインにさせて頂く予定です。合間を縫って初めての方にもご説明させて頂きます。
高橋佳子、オーナーの髙橋謙治ともおりますので是非大勢の皆さんのご来場をお持ちいたします。

「10日は 社長はなぜいないのだ」とおしかりを受けそうですが 構造計算のルールが少し変わるのでその勉強会なのです。
実際にそのルールを作った先生から直接、教えて頂けると言うことで東京大学まで行かなくてはなりません。
しっかり学んでよりよい建物づくりに使って行きますのでお許しください。

見学会当日は 来場者の皆様に オーナーが作る野菜をプレゼント

農薬も肥料も使わない 炭素循環農法による「たんじゅん野菜」

そのお話もオーナーから聞いてみてください。
すごい話です。
facebookで情報発信中↓
https://www.facebook.com/kutsurogi.farm/

皆さんのご来場をお待ちしております。

時間は 10時~16時
場所は 秩父郡下小鹿野144番地

アフターFIT

太陽光発電固定買い取り制度 通称「FIT」

10kW以下の場合10年間 決められた金額で 太陽光発電で余った電気を買い取ってくれる制度です。

今から9年前に始まりました。

それ以前はどうなっていたかというと 各電力会社が 普段の電気料金と同じくらいの金額で買い取ってくれたので 25円/kWh位だったと思います。
東電の場合 オール電化契約などしていたお宅では昼間の電気料金で買い取ってもらっていましたから 30数円/kWhでした。

FITが始まったときには 48円/kWhでしたからとても良い金額で買い取って頂いていたので5年くらいで元を取れる場合もありました。それが40円前後になり 30円前後になり 現在は26円 来年からは24円/kWhとなります。
ずいぶん安くなってきました。

それでも10年は同じ値段で買い取ってもらえるのですから 安く太陽光発電システムを設置すれば まだまだ10年以内に元が取れます。
皆さん安く太陽光発電を設置してくださいね。

今回の アフターFITとは10年たった後の話です。
制度が始まって9年ですから 来年は10年となり早い人は固定買取は終了です。

今後は高い値段で買ってもらえなくなってしまいます。
10円以下になるのではないかという噂です。
来年 この期間が切れる人たちは48円/kWhで買ってもらっている人達ですからダメージは大きいですね。

今後は 新たに売り先と契約する必要があるようです。
基本的には 火力発電などのほかの発電方法で作られる電気の金額が10円以下なので10円以下ということになりそうだということです。
太陽光発電は自然エネルギーですから 自然エネルギーを活用しているとPRしている企業などが高く買ってくれる場合もありそうですので慎重に見極め契約したいですね。

日中発電される電気を売らないで自分で使うことも考えられます。普通の電気代が25円前後ですから25円の電気を買わずに済むということになれば25円で売るのと同じ価値があるということになるのでとてもお得です。

しかしその場合は 電気をためる設備が必要になりますね。
蓄電池です。

以前よりは安くなってきましたがまだまだ効果です。
当社でも取り扱っていますが 現在 10kWhで150万円位します。
元が取れるかといううと結構難しいと思います。

でも 非常時に役に立ちますので それを考えると導入しても損ではない気がしますね。
災害がないことが一番ですが・・・・
電気があれば、お湯も沸かせますしIHで料理も作れます。携帯も充電できます。

ドイツなどでは蓄電池をうまく活用し世の中で電気が足りない時間帯に高く売ることで儲けている会社などもあります。そのような会社と契約するといくら使っても電気代が定額なんてサービスもあるようです。
家庭のインターネット回線など定額ですので 電気も定額という時代が来るのかもしれません。

資源エネルギー庁からアフターFITのことが報じられていますのでのぞいてみてください。

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/index.html

このホームページにある通りエコキュートを昼間動かすのもありですね。
特に寒くてエコキュートの効率の落ちる冬場などは有効ですね。

当社のお客様も10年以上の方がたくさんいらっしゃいますので 有利な方法をご紹介できればと思います。
今後も情報を集めたいと思います。

 

日本エコハウス大賞2018 結果報告

昨日 日本エコハウス大賞の発表が行われました。

第4回日本エコハウス大賞 一次審査 審査結果のお知らせ

当社にとっては初めての挑戦です。

この賞は、エコハウスのデザインを競う日本でもっとも大きなコンテストです。

エコな住宅でデザインメインのコンテストです。

過去の受賞者を見ても 設計士さんが作ったかっこいい建物ばかりが受賞しています。当社が出してもという気がありました。
何しろ設計士さんたちは本当に細部まで作り込んできていて 価格は1.5倍から2倍もするような作品ばかりだからです。
地方の工務店たちもこの賞を狙い 設計士さんと組み 自社の宣伝となる作品を作り込んできます。

プレゼン資料などもしっかりしていてすごいです。
何枚にも渡り皆さん資料を出してきます。(笑)

当社は忙しさもあって 1日くらいしかかけずに作ったとりあえず応募できる資料での勝負となったしまいました。

今までも、いろいろな人に「応募してみれば」といってもらっていたので、とりあえず出さなくちゃと思いおそるおそる出してみました。

昨年 今年にかけて作られたお家で選ばなくてはなりません。
みな、良いお家で見所がおのおのあります。

どれを出しても恥ずかしくないのですが、小屋裏エアコンが完成に近づいているのでそのできばえを披露しようと最新物件のY様邸にしました。
小屋裏エアコンは皆さんに実験に協力してもらいながら数年かけてここまで来たというのにたどり着きました。
その成果の発表です。

昨日が結果発表とは知らずにいましたが イタリアのベネチアに着いたときに
「高橋さん 賞おめでとう」と仲間に声をかけられたので何のことか解らずいました。

なんと 東京大学の前(まえ)真之先生が 当社の作品を推してくださり 審査員特別賞になったのです。
大賞は逃しましたが ある意味 私にとっては最高の賞です。

審査員は 伊礼先生をはじめとするデザイン専門の先生ばかり
そこで 高断熱住宅の最高の先生である 前先生が当社の作品に目をとめ審査員特別賞をくださったのです。

デザインでは一流の建築家さんたちに及びも付かないのが解っていましたが、温熱の工夫だけでは負けないと思っていました。

ある意味それが証明されたのです。

私にとっては最高の賞をいただけました。 本当にありがたい!!

ご協力頂いた皆様

本当にありがとうございます。

お施主さんのYさんありがとうございます。

今まで当社で建ててくれたお客さんがいてくれたからこそ取れました。
本当にありがとうございます。

LIXILショールーム東京

今日はLIXILさんの商品の紹介で東京のLIXILショールームにお邪魔しています

入り口付近にはフラグシップモデルのキッチンが飾ってあります。

今流行りのセラミックトップ

堅くて傷がつきにいのが特徴です。

それほど固いのが良いのかはさておき(笑)

このシステムバスも何とゴージャス。

打たせ湯やグローエのシャワー等すごい設備です。32インチのテレビ

389000円

お値段も素晴らしい。

便器も高いので40万円

カウンター手洗いとセットで746200円

値段が高いけど値引きが多いのも特徴のひとつ

さあ、どこまで値びいてくれるのか?

当社で普段取り扱っている商品もグレードの高いクラスクラスなので良い商品を安くしてほしいけどどうなるのかな?

セルロースファイバー断熱材

セルロースファイバーの断熱材の工場を視察しました。

https://www.decos.co.jp/

断熱材にもいろいろありますね。
様々な断熱材が有りそれぞれ良い特徴と悪い特徴があります。

今回はセルロースファイバーの特徴をお話しします。

セルロースファイバーはどんな断熱材でしょうか?

古新聞をリサイクルした断熱材です。段ボールだったりする場合もあります。

視察した断熱材メーカーさんは「デコス」さんで古新聞を利用していました。

沈下しないの?

古新聞を繊維状に細かくして綿のようにします。
砕いて小さくするのじゃ無くすりつぶすように繊維状にするのが技術のようです。
繊維状にふわふわにすることで長期間にわたり沈下しなくてすみますね。
繊維の長い良いセルロースファイバーは沈下しにくいのです。
もし、沈下してしまって隙間が空いてしまったら断熱材としての役割を果たさないばかりでは無く内部結露の原因となってしまいます。怖いですね。

その繊維状の綿のようにした新聞紙にホウ酸等を混ぜ防虫性能、防火性能を高めます。それと撥水剤を混ぜます。

その綿じょうのセルロースファイバーを機械で壁の間に吹き込むのです。
密度を高くぎゅうぎゅうに詰め込みます。これがきちんとできないと後で隙間が空いてしまうのです。そのため、きちんとした業者さんに責任を持ってやってもらう必要があります。
あまり上手じゃ無い業者さんに当たると怖いですね。工事中では解りません。結果が出るのが数年後ですから。
だいたい密度55kg/m3です。 これは壁の面積 1㎡当たり5.5kg 普通のお家は200㎡くらいですから 壁だけでおよそ1トンの重さですね。
グラスウールでしたらその3分の1以下です。住宅の重さから設樂たいした重さではありません。(笑)
きちんと施工すれば沈下の心配はいりません。

熱性能は?

肝心の熱性能はというと 熱伝導率λ=0.04W/mK です。厚さ10cmの壁で 外が0℃ 室内が20℃と 20℃の温度差があった場合普通のお家くらいの外壁面積で 0.04/0.1*200*20=1600Wの熱が逃げるということですね。壁からにげる熱だけで6畳用エアコン1台分くらいですね。
高性能グラスウールはλ=0.038 ネオマフォームはλ=0.020です。
ネオマフォームなら半分の厚さで同じ性能と言うことです。
断熱材として性能が高い方とは言えません。

蓄熱性能?

しかし重いが良い面もあります。重いと言うことは熱容量も大きいと言うこと。熱容量とは熱をためる力。
室内の温度変化は小さくなります。きちんとセルロースファイバーの厚みが有りしっかり断熱されていれば室内の温度変化は小さくなります。
でも薄い場合には逆効果になる場合もあるのです。たとえば屋根などに使った場合には、日中は断熱しているのですが熱をため込んでいることも同時に行っています。
その熱が夜室内に放出され続けるのです。時間差攻撃です。(笑)
セルロースファイバーの家が厚いという話を良く聞きますがこれはまさにこのセルロースファイバーの特徴熱容量の大きさが悪さをしているのです。
しかし、十分に断熱材が厚ければ熱が入ってくる量が少なくなりますのでこのようなことは無くなります。
同じ断熱性能だからといってセルロースファイバーを選ぶときにはこの辺の注意が必要です。
このことは、エアコンなどの冷暖房を付けたときの立ち上がりの悪さにもつながります。
でも室内を同じ温度に保つ性能はあると言うことですので冷暖房など少し付いていれば温度変化はしにくいと言うことですね。

透湿性、内部結露の恐れは?

それと大きな特徴は繊維状なので水蒸気を通しやすいと言うことです。
生活していると室内で水蒸気が発生します。その水蒸気がセルロースファイバーで断熱された壁体内に入いります。
水蒸気を通す性質があるのでそれがそのまま外に出て行ってしまえば良いのですが、外側に地震のために付けた構造用合板などの耐力面材があるとそこで水蒸気がとまってしまいます。その合板が冷たいと 氷水の入ったコップのように結露が起こってしまうのです。
ですが、これにも対策があります。まずは耐力面材をダイライトやハイベストウッドのような水蒸気を通しやすい材質にすること。室内から壁体内に水蒸気が入らないように防湿フィルムを貼ること等です。
メーカーの基準に従ってきちんと仕様通りに施工していれば問題は起こりませんが、独自にアレンジして計算してないと危険ですね。それと寒冷地などはもっと条件がきついですから注意が必要です。

調湿性能?期待していいの?

吸湿性能もあります。水蒸気を吸う力があります。うまく室内の相対湿度を50%前後に保つ力があれば良いのですが、そういった力はなさそうです。もしあるとすると夏の水蒸気の量は多いですから断熱材がびしょびしょになってしまいますね。上手に外部に排出されればいいのですが夏は外の空気も厚くてじめじめ。逆に外の湿度も中に入り込んでしまいます。調湿性能があると歌っているメーカーもありますが、WUFI等で検証するとどうもそうでも無いようです。

防音性能ありそうだけど

重いことで良いことは、防音性能があること。他の断熱材に比べ確かに音を遮る力は強いようです。しかし当社のような住宅では元々壁が厚いですし外壁がもっと重いALCを使っています。それでかなり遮音できてしまっているため充填断熱材が何であろうとほとんど関係ありません。
普通の住宅でも 窓の影響の方が強く出るのでは無いでしょうか?
ですから、まあ少しは役に立つ程度で考えていた方が良いと思います。
お部屋とお部屋の間の防音にはとても効果がありそうです。

吸音性能ありそうだけど

次に 繊維系断熱材で良く言われる吸音性能に関して。
壁材に穴が開いていたりして断熱材の中に音が入っていけるような構造にしておけばとても効果があると思います。
しかし普通はセルロースファイバーの上に石膏ボードを貼ってクロスを貼ったりしてしまいます。
これでは中が何の断熱材であろうとそう大差はありません。クロスを吸音板に買えたりした方がよほど効果があります。
吸音性能があると言うのは、製品そのものであって建築に組み込むとほぼ関係ないといって良いのでは無いでしょうか?

価格は?

値段はグラスウールに比べると少し高めです。ちょっと残念ですね。

もっとも良いことは環境負荷が少ないこと。リサイクル!!

最後にもっとも良い点を上げます。
リサイクルの建材だと言うことです。元々古新聞で作られますので、環境に負荷をかけません。製造時も主な工程はすりつぶして袋に詰めるだけですのでほとんどエネルギーを使いません。
さらに建物が建て直さざる終えないときでも、集めてまた再利用することができるのです。
これはすごいですね。
究極のエコ建材です。

良いところ悪いところ様々ありますが、他の断熱材と組み合わせ長所のみを引き出せるのではないかと考えています。

今後の高橋建築のセルロースファイバーの展開にご期待ください。(笑)

Posted by 管理者