電話をかける

問合せ

ブログを読む

トップへ戻る

髙橋建築

耐久性・災害対策,耐震・構造

カナダでの木の建物の話です。

6階建て以下の建物はほとんどが木造となっているそうです。

最近では18階建てというものまであります。

6階建て以下の建物で木造が多いのはやはりコストが安いから。

日本との違いは耐震と防火でしょう。

耐震に関しては地震が起こらないわけではないのである程度の強度は保たれています。

日本ではもう少し耐震要素が必要になりそうです。

 

大きく違うのは防火です。

カナダで基準が甘いのではありません。

日本の基準は燃えないようにするというのが強いです。

しかしカナダではスプリンクラーなどで消すということを重視しています。

今の日本の基準では木に石膏ボードでたくさん耐火被服をしなくては行けません。

木は見えなくなりますし、重くなります。工事量おも増えますね。

木のよさが失われてしまいます。

 

18階建ての大学の学生寮を見ました。

ユーチューブで見ることができます。https://youtu.be/GHtdnY_gnmE

木の骨組みは3ヶ月かからずに作ってしまいます。

これは日本でも利用始めているCLTという部材を使って作る方法です。

中央の大きな2本のコアで地震に耐えます。

そのコアは設備の配管やエレベーターシャフトとして利用されます。

 

さすがに18階となると今のところ少しコストがかかるようです。

現在これを安くできるように研究中とのことです。

海外住宅事情

22日から28日の一週間耐久性の勉強に北米に来ています。

アメリカの東海岸のデュポンの研究所でレクチャーを受け西海岸のバンクーバーへ今日は移動日です。

最初の日が12時間と2時間、今日は2時間と?時。乗り継ぎ含めて1日。

最後もきっと10時間くらい。

ハードスケジュールです。

ナイアガラの滝のそばにいきつつ見ない。(笑)

スミソニアン博物館を素通り

二度と来られないかもしれないのにもったいない。

勉強だからやむ終えないにしても半日くらい自由行動があったらな(笑)

 

昨日のデュポンの研究所はすごく良かった。

テレサ博士のレクチャーも最高でした。

デュポンはタイベックという防水透湿シートを作っている会社です。

日本では様々な類似品が出回っていますが昔からデュポンのタイベックが最高の品質と言われています。

きちんと長持ちを考えている工務店はタイベックを使っていますね。

他のものとの品質の違いがわかる試験センターに行って様々な性能値を調べる試験も見せてもらいました。

他社製品との露骨な比較を見ると、他社のものは全く使う気になれませんね。

本当に別物という印象です。

当社は真面目にタイベックを使っていますので皆さんご安心下さいね。

 

日記・想い

環境委員会の来年度の内容を決めるために東京で会議が行われました。

その中の雑談で熊本の地震の話題が出ました。

地震の直後に仮設住宅を作るわけですが、ハウスメーカーが作った住宅はとても寒く住み心地が悪く、

工務店が作った仮設住宅はとても住み心地が良いということでした。

東京大学の前先生や慶応大学の伊加賀先生たちがそれぞれ調査をしているそうです。

1棟あたりの予算は決められていてその予算の範囲で建てるわけですが、

工務店のグループは真面目に被災者が健康に暮らせるよう工夫種手ぎりぎりの金額で作るそうです。

ハウスメーカーの建物はご想像の通りです。

その内容の差に 自治体などは気がついているのですが、いろいろな大人の事情で今の形になるそうです。

大学の先生方のデーターも一般のかたがた向けに発表されるかは微妙ですね。(笑

 

そこに参加していた熊本の工務店の方はまだ休み無くご尽力されているそうです。

最近はきちんと寝られるようになってきたと言っていました。

あの熊本地震が首都圏で起こったら本当に大変なことになるだろう。そう言われて本当に心配になりました。

自分のところではそんなことは起こらないと思っていますから。

熊本の方もそう思っていたそうです。自分のところは大丈夫だと。

日本に大丈夫なところはありません。

日記・想い

やはり ZEH(ゼロエネルギーハウス)の推進が中心のようですね。

国交省 経産省 環境省の3省合同での推進です。

国交省はさらに省エネ住宅を牽引すべくLCCM住宅を推進していくようです。

LCCMとはライフサイクルカーボンマイナスという概念で

生活時に使われるCO2ばかりでなく建築時に使われるCO2も最終的にはゼロになる住宅です。

より省エネで環境に優しい作り方。大きな太陽光発電設備が必要となります。

補助金も準備されているみたいですので

当社も多くの客様に使っていただけるように対応していきたいと思います。

お知らせ,太陽光発電

太陽光の買い取り価格がまた下がりそうです。

まだ現時点での予測の価格です。

2018年度の区分ごとの売電価格は、

【全量売電(10kW以上 2,000kW未満】

18円+税

【余剰売電】※こちらは昨年度の決定内容です。

・出力制御対応機器設置義務なし →26円

・出力制御対応機器設置義務あり →28円

となります。

あくまで現時点で「調達価格等算定委員会」で決定された内容であり、

今後、パブコメを募集した後、産業大臣の許可を受けて正式に決定となります。

お知らせ,メディア掲載・受賞

調べていたら HEAT20のホームページに当社の実例が載っていたので 記載しておきます。

http://www.heat20.jp/jitsurei/index.html

皆さんすばらしい性能の住宅ですね。

断熱・気密

HEAT20ってご存じですか?

国の基準よりレベルの高い2020年を見据えた住宅を作ろうという委員会です。

G1グレードとG2グレードがあります。

最新の国の基準

4地域が大滝両神 5地域がその他です。

0.75W/(㎡・k) 0.87W/(㎡・k)です

これは 中と外の温度差が1℃の時 1㎡の壁や屋根からにげる熱(W)を表していますから

少ないほど断熱性が良いと言うことを示しています。

 

家の屋根・壁・床・窓の平均的な断熱性能を表しています。

建築の言葉で 「外皮性能」と言います。

この国の基準もまだ義務ではなくこの基準で建てられない建物もたくさんあります。

ですから、この基準で建てている住宅会社は、「高断熱」「暖かい家」を作っていると言っているわけです。

ですがハウスメーカーが言っているこの基準の「暖かい家」を建てても

本当に暖かい家になるかというとそうでもありません。

この基準のもと自体はなんと平成11年の基準とほぼ変わらないのです。

そのときの基準の方が気密性能も言われていましたから良いくらいかもしれません。

 

HEAT20の話に戻します。

この委員会ではあまりにも国の基準が低いため もう少しよい住宅を作っていこうという団体です。

G1G2と目指すべき性能を掲げています。

G1グレードは私たちの地域の場合 夜中の0時まで20℃に暖房していて暖房をとめたときに

6時頃再びエアコンを付けるまでに10℃以下にならないという基準です。

 

大滝両神で0.46W/(㎡・k)そのほかの秩父地域で0.48W/(㎡・k)です。

5地域で国の基準が0.87でしたからの半分近いですね。

G2グレードはそれよりもさらにハイレベルで 13℃以下に下がらないという条件です。

0.34W/(㎡・k)ですから相当性能が良いですね。

 

当社の住宅はというと 北海道あたりのG2基準以下としてあります。

「どうしてそこまで?」と思われるかもしれませんが理由は2つ

まず第一に パッシブハウス基準で作るとそうなると言うことです。

パッシブハウス基準は簡単に言うと40坪くらいの住宅が6畳ようのエアコン0.5台分くらいで

どんなときもお部屋が20℃維持できる性能です。

当社は全棟パッシブハウスクラスの家を目指していますから、だいたい0.28W/(㎡・k)切るその様な性能になります。

 

第二に 秩父の朝の冷え込みが半端なく北海道に近いと言うことです。

今年もとても寒く当社の温度計を見ると連日マイナス10℃以下が続いていました。

国で定める1,2地域に近い値です。幸い秩父は日中は暖かくなりますが、

朝の冷え込み時に室温が下がるのは良くありません。

 

今後は暖かい家というと HEAT20の G1基準 G2基準クリアーしているということが

当たり前になっていくと思います。

お知らせ

最近寒い日が連日続いていますね。

作業場で-12℃です。

さいたま市でも-9℃以下だったそうです。

秩父では水道の凍結防止のいろいろなことが工夫されていますが

県南の地域ではあまりされていないみたいで 水道管がはねたり大変なことになっているみたいですね。

秩父の外の水道は普通は不当水栓柱といって 蛇口のハンドルが2つついています。

一つは普通に水を出したりとめたりする物

もう一つは地中で水を止め縦のパイプの中の水を抜く物です。

この水抜きのバルブが付いていない場合

きちんと保温する必要がありますね。

布きれなど巻いてビニールかけてぬれないように、なるべく根っこまで。

それと 凍結しやすいのが給湯器周り

お風呂のお湯はできるだけ次にお湯張りするまで残しておきましょう。

お湯が残っていると追い炊きの循環パイプの中の水を定期的に循環させるので凍結しません。

エコキュートは基本的にマイナス10度まではお湯が作れるようにできています。

 

今回の気温はそれ以下ですね。

タンクとヒートポンプとのつなぐパイプでの凍結もあるようです。

なるべく近くに配管して凍らないよう考えてはおりますが

タンクとヒートポンプが遠いお家などは凍りやすいようです。

パイプにヒーター線が付けてあるお家はヒーター線の電源を忘れずにコンセントに刺しましょう。

 

たまに夏に抜いてそのまま冬を迎えてしまう方もいらっしゃいます。

サーモスタットが付いているので寒くならないとヒーターは動作しませんから電気は食いません。

忘れるくらいなら一年中差しっぱなしの方が良いと思います。

 

こういう寒い日は皆さん同時に凍結し壊れますから

修理センターも電話がつながりませんし、修理も来てもらえません。

皆さん注意をよろしくお願いします。

断熱・気密,耐震・構造

皆さん。耐震性が第一とお考えになっているかたがおおいですね。

住宅メーカーもそう言っているところがたくさんあります。

 

本当にそうでしょうか?

耐震性は命を守るものだから第一

断熱性は経済的なものだから第二

命が優先でしょ。

そんな風に説明されるらしいです。

 

地震が起きて電源、燃料の供給が止まったら、普通の家では寒くて過ごせません。

体調を悪くして染んでしまう人もいるかもしれません。耐震性が良いだけではダメですね。

それでは地震時ではなく普通の時はどうでしょう。

寒い家ではヒートショックなどで命を落とす人が交通事故死者の何倍もいますし、

脳梗塞などで普通の生活が遅れない。

結露によるカビの大量発生などで健康を害する人もいます。

寒いおうちは普段でも死ぬこともありますし健康を害するリスクもとてもあります。

 

ですから、耐震第一、断熱第二なんて言っていること事態間違っています。

そこに順番はありません。

どちらもとても大切です。

 

家は人を守るものです。

安全性が重要なのです。

耐震性はもとより断熱性も欠かせない安全の大きな要素です。

耐震、断熱はほぼ建築時に性能が決まります。そこでてを抜いたらいけません。

設備やデザインより優先すべきだと思っています。

もちろん、それらの性能を長期に渡って担保するには、

使用する部材や工法など耐久性が必要であることは言うまでもありません。

断熱・気密

当社の新しい家に住むと それまで住んでいたアパートなどよりもとても暖かく皆さん喜んでくれます。

最初の冬には皆さんから「暖かくて気持ち良い」とたくさん言っていただき本当にうれしく思います。

現在、当社で建てた方、これから建てる方など30軒以上の家に温度計を置かせてもらいモニターしています。

見ていると皆さんいろいろな住み方をしているのが解ります

見ていてとても楽しいです。

新築して最初の年の住み方も様々です。

それまでの家に比べて 新しい家では暖房しなくても暖かいので割と低い温度で住んでいる人もいます。

逆に住んでいた家が寒いお家だったのでがんがんにファンヒーターを付けることになれていて

新しい家でも温風がないと暖かいと感じず高い温度で住んでいる人もいます。

 

人間の温度の感じ方は 空気の温度と壁や天井などの放射温度 足などが床に付いている接触面の温度を感じます。

新しいお家はきちんと断熱されていますので

どんなに外が寒くても床や壁、天井の温度は室内の空気の温度とそれほど変わりません。

ですから空気をそれほど暖めなくても暖かいと感じられます。

そのことに気がつかないで空気が暖かくないとだめだと高い温度の方がいるのです。

 

暖かいと感じるのは もちろん個人差もあります。 一般的には 18℃~22℃といわれています。

アパートなどの壁などが寒い家だと高い温度にする必要がありそうですが、

高断熱の家では快適な温度は20℃近辺のようです。

 

人間は生きていくのに熱を出していますからその熱を放出する必要がありますね。

冬はお家の中でもトレーナーくらいの着衣量はあると思いますのでそれを考慮しての温度です。

半袖半ズボンなら25度くらいかもしれませんが、省エネではないですね。

ジャンバーを着て温度を下げろとは思いませんが、軽装で活動的な着衣量くらいは良いと思います。

 

夏も27度くらいが最適と言われていますね。

これも薄着であまり暑くない温度として言われている温度ですね。

パッシブハウスでは25度です。日本人の多くの方は寒いと感じるみたいですね。

省エネ性を考えればあまり下げたくないですね。

 

ここで 慣れの問題に入ります。

最初の冬は18度くらいで暖かいと感じてくれていた人が 翌年は20度 次は21度 22度と上がっていく人もいます。

夏もそうです。 27度で涼しいと喜んでくれていた人が,26度 25度とどんどん涼しくなっていきます。

慣れって恐ろしいですね。 たまにはちょっと寒いなと感じる ちょっと暑いと感じる。

そのくらいにしておくと良いようです。

当社の家は簡単に冷暖房が効きますので どんどん暖めたり冷やしたりしてしまいますね。

それでは 体が慣れてしまうのです。鈍感になっていきます。

甘い物ばかり食べているとだんだん甘みに鈍感になり「ほんのり甘い」そんな味覚が失われていくのと同じです。

 

夏場など慣れは本当に実感します。

少しの風や 放射温度の低い木陰などで とても涼しく感じていたのが

エアコンがんがんでないと涼しく感じなくなったりしますね。

極端に冷やしたお店などがとても快適に感じます。

鈍感になってきているのですね。

 

人間は 自分で調整をする能力を持っています。汗をかいたり 震えたり。

服を着たり脱いだり。放射温度の低い涼しい場所を探したり。

そんな能力も大事にしたいですね。

 

高断熱の家を否定しているのではありません。

むしろ肯定しているのです。

暖房や冷房にあまり頼らなくても そういったことが体験できるだけの性能を持った家なのです。

ちょっとの暖房で放射温度の快適性を感じられる。冬でも少しだけ涼しい気持ち良い空間。

夏は家の中で涼しい場所を見つける。 灼け込まないお家だから暑く感じない。

扇風機だけで気持ちいい。そんな空間があります。

 

普通の家では がんがんの暖房が必要だとしても

当社の家なら住み方の工夫でちょっとのエネルギーで快適さを感じられます。

 

無理に 高い温度 低い温度にしなくても 自分自身で調整しながら 住みこなすのが

エネルギー的にも 体にも良いようですね。

 

皆さんいろいろ工夫して住んでみてください。

当社の家なら健康を害するほど寒い温度にはなりにくいはずですから。